CATEGORY

基礎知識

妊活中のダイエットはOK?妊娠と体重の関係とは?

健康な体を維持するうえで、体重管理は欠かせません。

特に、妊活中の体重は、妊娠率をアップさせるためにも重要なポイントです。

本記事では、妊活中の方に知って頂きたい「妊娠と体重の関係」について、ご紹介したいと思います。

妊活中の体重管理にはBMIをチェック

妊活中は、痩せすぎも太り過ぎも、よくありません。

どちらも、妊娠に悪影響を与える可能性があるのです。

痩せすぎや太り過ぎの判断には、BMIを使用します。

BMIとは、肥満度を表す指標で、国際的に用いられている指数です。


【BMIの計算式】 BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗


日本肥満学会では、BMIの数値が18.5未満を「低体重(痩せすぎ)」、25以上を「肥満(太り過ぎ)」だと定めています。

また、BMIが22であれば標準体重で、最も病気になりにくい状態だということです。

妊娠しやすい体重というのは、このBMIが22になる場合だと言われています。

痩せすぎ(BMIが18.5未満)が妊活に与える影響

痩せすぎている場合、下記のようなリスクがあります。


・無排卵(排卵障害)

・生理不順

・子宮内膜症

・低出生体重児の出産

・早産


※男性の痩せすぎは、精子の運動率や精子数が低下する可能性があります。

太り過ぎ(BMIが25以上)が妊活に与える影響

太り過ぎている場合、下記のようなリスクがあります。


・多嚢胞性卵巣症候群

・生理不順

・無排卵(排卵障害)

・難産(帝王切開)

・妊娠糖尿病

・妊娠高血圧症候群

・血栓症

・早産

・流産や死産

・新生児死亡率の増加


※男性の太り過ぎは、性機能不全などのリスクが高まります。

体脂肪率にも注目を

BMIだけでなく、体脂肪率にも注目してみましょう。

女性の場合は、妊活中の理想的な体脂肪率は22%〜27%だと言われています。

一般的に、体脂肪率が22%を下回ると月経不順が起こりやすくなります。

また、体脂肪率が17%を下回ると、月経が止まってしまう可能性もありますので注意が必要です。

一方で、体脂肪率が30%が超える場合も、排卵障害などが起こる可能性が高くなります。

このように、体脂肪率も妊娠に影響を与えますので、体重だけでなく、自分の体脂肪率を知っておくことも大切です。

妊活中は適正体重キープが理想!ダイエットが必要な場合も

妊活中は適正体重キープが理想!ダイエットが必要な場合も

今回ご紹介したように、体重(体型)は妊娠に大きな影響を与えます。

BMIが25以上や、体脂肪率が30%を超える場合は妊活中であっても、ダイエットが必要だと言えます。

ただし、極端なダイエットは、排卵障害や生理不順に繋がる可能性があるため、正しい食生活や適度な運動を心がけ、適正体重を目指すようにしましょう。


妊活中の食事や、運動については、下記の記事をご確認ください。

関連記事:【妊活中の食事】必要な栄養素とは?

関連記事:妊活中の運動はOK?妊活中にオススメの運動

関連記事:【妊活】必要な運動の頻度や時間

参照:BMI/厚生労働省e-ヘルスネット 

参照:妊娠と体重の関係について~あらゆる年齢層の方ができる妊活①~/1moreBaby応援団 



専門家の紹介
薬剤師 アリス薬局スタッフ
山田 明里紗(旧姓:冨尾)

製薬会社勤務にて、ビタミン様物質、腸の免疫学的製剤を担当し、「腸」の状態が健康だけではなく、美容や精神面にも大きく影響していることを実感。
その後、インナービュティープランナー、栄養カウンセラーの資格を取得。現在、アリス薬局にてカウンセリング業務に従事している。
https://inner-beauty-diet.org/
https://www.orthomolecular.jp/

アリス薬局

いますぐLINEで無料相談

妊活や体調についてのご相談、カウンセリングをご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

関連ニュース