CATEGORY

基礎知識

お父さん、お母さんになるための基礎知識

ここ数年で「妊活」という言葉が、一般的な言葉として浸透してきました。
昔とは違い「赤ちゃんが欲しい。」と思ってもなかなか授かれないカップルが増えてきています。
その背景は、男性も女性も年齢とともに生殖器も老化し妊娠しにくくなったり、食の欧米化や独身世帯での食の偏り、仕事や人間関係様々なストレスなど、様々な原因があります。

女性の社会進出にともない、働き方や生き方が大きく変化し、50代以上で結婚する女性も増えてきています、医療が進化し、不死の病であると考えられてきた病気の治療法が見つかったり、「人生100年時代」ともいわれる時代になりましたが、女性の初潮、閉経の年齢は昔と変わらず、人間の体自身は、進化していません。

今、妊活と考えると、面倒な基礎体温を図って、排卵日をチェックする、排卵日前後には性行為をし、健康に気をつけ、サプリを飲んでと…知識がつけばつくほど苦しく、一生懸命「活動」しないと思っている人が多いかもしれません。

しかし、妊活において一番大切なのは、お母さん・お父さんになる方の心です。

まずは、頭でっかちにならず、肩の力をぬいて、夫婦生活を楽しむことが一番の近道です。

◆1◆

初潮が始まると、一人前の卵子にそだったものが約1ヶ月に1個だけ排卵されます。

◆4◆

排卵後の卵子の受精能力は、6時間から長くて1日程度。
精子が生きていられるのは3日間程度と言われています。
また、着床しても出産までに至る確率は4回に1回と言われています。

◆80◆

男性の精巣では約80日間かけて精子がつくられ、10日ほど生きています。

◆400◆


女性が一生の間で排卵する卵子は、毎月生理があるとしても400~500個です。

◆1億◆


精子は毎日1億個ほど新しく作られます。
1回の射精で1~3億個の精子がでてきますが、卵子までとどくのはわずか100~1000個。
さらにその中でも1個の精子だけが、卵子に入り、受精することができます。

私達の命が誕生することは、たくさんの奇跡の重なりで、とても尊いということに感謝しましょう。

テキスト



専門家の紹介
薬剤師 アリス薬局スタッフ
山田 明里紗(旧姓:冨尾)

製薬会社勤務にて、ビタミン様物質、腸の免疫学的製剤を担当し、「腸」の状態が健康だけではなく、美容や精神面にも大きく影響していることを実感。
その後、インナービュティープランナー、栄養カウンセラーの資格を取得。現在、アリス薬局にてカウンセリング業務に従事している。
https://inner-beauty-diet.org/
https://www.orthomolecular.jp/

アリス薬局

いますぐLINEで無料相談

妊活や体調についてのご相談、カウンセリングをご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

関連ニュース